自転車通勤女子は必須の日焼け対策

前回に続き、女性の自転車通勤の必須日焼け対策についてです。女性の永遠のテーマともいえるのではないでしょうか。

自転車と紫外線対策

自転車通勤女子は必須の日焼け対策

紫外線が強くなる時期は、肌への負担も高くなりますね。女性にとって日焼けは特に気になることですのでしっかりと対策をして行きましょう。

できる限り洋服で日焼けから守る
日焼け防止に効果の高いストール。ダブルガーゼでひんやり効果も期待大
ダブルガーゼ100%のストールを羽織る
日焼け防止効果や冷却効果のあるものを着用

 

自転車と夏紫外線対策

暑い夏の場合は限界がありますが、できる限りパンツや長袖のシャツ等で肌の露出を抑え、日焼けから守るとよいでしょう。
自転車用のジャケットやシャツを探していくと、UVカット効果が高く、ドライ生地のモノが多くありますので夏でも涼しくてオススメです。

 

首元と紫外線対策

首元は特に日焼けしやすいため、ストールなどを使いましょう。夏用の涼しい生地のストールも登場していますしオシャレなものもありますね。
首元は年齢が出やすいところでもありますので、ぜひ首元も怠らないことです。

 

日焼け止めと自転車女子

日焼け防止効果の高いファンデーション 日焼け防止効果の高いファンデーション
(SPF30・PA+++)
服を着ているとは言っても、服を通して紫外線を受ける可能性十分にもあります。
肩から腕にかけても日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

 

お化粧の下地がわりに使える日焼け止めを使用し、ファンデーションもSPF、PA共にできるだけ数値の高いものを選びましょう。
リキッドタイプに比べ、パウダーファンデーションの方がSPF・PA値共に高く日焼け防止効果が高いものが多いですが、あなたはどういったもので対策をしていますか?

「肌への負担が高いから、普段はSPF20程度でOK」という意見もあるのですが、SPFやPA値は、商品に表示されている規定量を塗った場合の数値です。
実際に表示通りの量を塗ろうとすると、ほとんどの場合「ん?こんなに付けるの?」というくらいの量になってしまいますので、ほぼ規定量を塗り切ることはないのです。

 

皮膚科で相談

また通常通りの使い方をしてもSPF20程度の効果を期待したいときは、表記されている数値が高めのものを選んでおいたほうが無難かと思いますが、非常に悩んでいる時は皮膚科などで専門医に相談してみるとよいでしょう。
よりよいアドバイスがもらえるはずです。自転車通勤で快適に送れるために、紫外線対策をしっかりおこないましょう。